AGAに悩んでいる男性は少なくありません。薄毛は放っておいてもいいことありません。早めの治療をオススメしますが、病院での診察や治療薬にも当然費用はかかります。AGA治療について具体的に説明していきます。

髪を梳かす男性
更新履歴
髪に悩む男性

AGAで悩んでおり、フィナステリドなどの薬による治療を受けたいと考えている人もいるでしょう。
薬を処方してもらうためには病院やクリニックなどの医療機関を受診する必要があります

医療機関での治療費には保険が適用されることが一般的ですが、AGAは保険適用外の自由診療であり、治療費は全額自己負担となっています。
AGAは病気と認定されており、薬を使って薄毛治療を行っている医療機関も多いです。
しかし、生命に支障をきたすような疾患ではないため、保険が適用されないということです

AGAは保険適用外の自由診療

フィナステリドなどの治療薬を利用したAGA治療は保険が適用されない自由診療です。
そのためそれぞれの医療機関が自由に治療費を設定できるということです。
自由診療だと治療費は全額自己負担になるため、費用が高額になってしまうというイメージを持っている人もいるでしょう

保険診療の場合はさまざまな制限がありますし、ドクターが患者一人あたりを診察する時間も短くなります。
そのため十分な診察を受けられないこともありますし、納得できる治療を受けることが難しくなってしまいます。
自由診療なら保険診療ではできないような治療を行えるというメリットがあります

患者の経済的な負担は大きくなりますが、保険診療では認められていない治療を自由に選択できることもポイントです。
また、十分な時間をかけて診療を行うことができますし、患者の希望に近づくことができるでしょう

自由診療ならどこの医療機関で治療を受けても費用は変わらないと考えている人もいるかもしれません。
しかし、医療機関ごとに費用は異なってきますし、治療を始める前にきちんと確認しておくことが大切です。
また、一般の病院で治療を受けるのか、専門のクリニックで治療を受けるのかによっても変わってきます

一般の病院は専門のクリニックよりも費用が安いというメリットがあります。
また、薬がなくなったタイミングで来院すれば良いですし、通う手間が省けることもポイントです。
しかし、一般の病院ではあくまで薄毛治療しかできません。
発毛までサポートしてもらいたいなら専門のクリニックの方が良いでしょう

専門のクリニックでは細かい検査を受けることができますし、丁寧なカウンセリングで体の状態をきちんとチェックしてもらうことができます。
それに合わせた治療方法を提案してもらうことができますし、薬もオーダーメイドで処方してもらえます。
一人一人の原因に合わせたケアをしてくれることはもちろん、日常生活におけるアドバイスなども受けられることがポイントです

一般の病院よりも多くの治療方法を用意していることが特徴です。
さまざまな角度から薄毛治療をしてくれますし、効率よく悩みを解消することができるでしょう。
費用は多少高くなりますが、確実に薄毛を改善することができます

AGA治療費は医療費控除できるの?

病院やクリニックでAGA治療を受けたいけれど、医療費控除の対象になるのか気になっている人もいるでしょう。
AGA治療はかなり費用が高くなると言われており、できるだけ負担を減らしたいと考えるかもしれません

医療費控除とはどのような制度なのかということですが、これは1年間に支払った医療費の一部を還付金として返してくれるという制度です。
しかし、全ての治療費が控除の対象となるわけではないので注意しましょう

医療費控除の対象となるのは、本人または生計をともにする家族のために支払った医療費のみであり、1年間に支払った医療費だけが条件になることもポイントです。
対象となる医療費は、医療機関で受けた診断や治療によって発生した費用です。
また、治療費だけでなく、交通費も控除対象になるということです

AGA治療は医療費控除が適用されるのかということですが、基本的には適用されません。
最大の理由としては、AGAは命に関わる病気ではないためです。控除の適用の基準は命に関わる病気であるかどうかによって判断されます。
また、AGA治療に必要な薬代や検査代なども控除の対象外です

AGA治療は病気の治療ではなく、美容目的の治療と判断されます。
また、この治療は自由診療なので医療費控除が受けられないという理由もあります。
自由治療の場合、医療機関が自由に値段を設定することができます。
保険診療の場合はその病気に応じた治療が制限されています。
自由診療ではその制限から外れてしまうため、医療費控除の対象にはならないということです

基本的には命の危険性に関わる病気のみが医療費控除の対象になるとされています。
AGA治療は重大な病気ではありませんし、医療費控除は受けられないことがほとんどです。
しかし、他の病気が原因で薄毛になってしまった場合、控除が適用されるケースもあると知っておきましょう

実際に他の病気の影響による薄毛の治療のため、治療薬を処方された人が医療費控除の対象となったということもあります。
しかし、他の病気が原因で薄毛になった場合でも、医療費控除の対象となるかは税務署の判断によって変わってきます。
もしかしたら当て嵌まるかもしれないと感じたら、近くの税務署に問い合わせてみると良いでしょう

AGA治療費の総額や月額費用の相場は?

フィナステリドはAGAの治療に対して非常に高い効果を発揮すると言われています。
しかし、この薬の効果を持続させたいという場合、継続的な服用が必要となります。
そのため薄毛は改善したいけれど、治療費はできるだけ抑えたいという人も多いでしょう

フィナステリドは入手方法や種類によって費用の相場が異なってきます。
病院やクリニックなどの医療機関で処方してもらう場合、薬だけなら8000円が相場となります。
しかし、医療機関では診察や検査などにもお金がかかりますし、月額費用の相場は10000~20000円です。
薬だけが欲しい場合は費用の負担がかなり大きいと感じるかもしれません

AGA治療は自由診療として扱われており、かかってくる費用は医療機関ごとに異なってきます。
また、薄毛で悩んでいることはなかなか人に知られたくないでしょうし、費用のことについても相談できずに悩んでいる人もいるかもしれません。
費用の相場を知りたい場合は口コミサイトを参考にするという方法もあります。
良心的な医療機関の場合は公式サイトなどに相場が記載されていることも多いです

月額の費用だけ見るとそこまで高くないように感じるかもしれません。
AGAの治療は継続する必要があるため、毎月の出費と考えた場合はそれなりに負担になります。
1年間服用すると薬だけで100000円程度の費用が発生するため、長期的に見るとかなりの負担になってしまうでしょう

フィナステリドの費用は医療機関ごとに異なっています。
そのためできるだけ安いところをえらびたいという人もいるかもしれません。
しかし、値段の安さだけで選んでしまうと失敗のリスクがあります。
中にはAGAに関する知識の乏しいドクターなどもいますし、信頼できる医療機関を選んだ方が良いでしょう

フィナステリドの費用を抑えたいという場合、海外のフィナステリドを購入するという方法もあります。
海外のものと国産のものは作られている工場が違うだけですし、薬の成分などに大きな違いがあるというわけではありません。
海外の薬を手に入れたいなら個人輸入代行サイトを利用すると便利です。
中には偽物の薬を取り扱っているサイトなどもあるため、騙されないように注意しましょう。
また、ジェネリック医薬品を利用するのもおすすめです。