AGAに悩んでいる男性は少なくありません。薄毛は放っておいてもいいことありません。早めの治療をオススメしますが、病院での診察や治療薬にも当然費用はかかります。AGA治療について具体的に説明していきます。

髪を梳かす男性
  • ホーム
  • フィナロ1mg、100錠の価格帯は4000円

フィナロ1mg、100錠の価格帯は4000円

フィナロは、インド国内で第4位の製薬メーカーIntas Pharmaceuticals Ltdが提供しているフィナステリドの1mg錠で、服用タイプのAGA治療薬です。
分かりやすく言うと、日本で飲む育毛剤と呼ばれている内服薬のジェネリック医薬品で、AGAの原因物質DHTの生産に関与しているII型5α還元酵素の活性を阻害するという作用を発揮します。
なお、フィナロの最大の特徴は値段が安いということで、様々な育毛治療薬を取り扱っている個人輸入代行業者での相場は100錠で4000円程度です。
これは、先行医薬品の価格相場が1箱28錠で6,000~7,000円なのと比較すると、5分の1未満の金額で購入できるということになります。

ちなみに、フィナステリドのAGAに対してのアプローチは原因物質DHTの生成に関与しているII型5α-reductaseの活性を阻害するというもので、症状自体を完全に治すということは出来ません。
つまり、使用を中止すると効果はなくなってしまうので、新しい治療法が考案されるか薄毛を受け入れられるようになるまでは続けなければならないということです。
このために、フィナロの値段が安いという特徴は非常に重要なポイントであり、大きな魅力となっています。
先行医薬品の5分の1未満で購入できるということは、1年分の費用で5年以上続けられるということになるからです。

なお、フィナロの基本的な使い方は他のフィナステリド1mg錠と同じで、1日に1度水かお湯で飲むというものです。
厚生労働省が先行医薬品を承認する際に実施した臨床試験では、軽度改善以上の効果が見られた割合が半年で48%、1年58%、2年68%、3年で78%と服用する期間が長くなるほど増加傾向を示しています。
一方、被験者の2.9%の割合に、射精障害や精液の減少、勃起不全などの副作用が生じたことが報告されていますが、これらはプラセボ群との間に発症頻度において有意な差は有りませんでした。

2箱だとさらに割安、7000円以内

AGAに悩む成人男性は5人に1人と言われています。
とはいえ実際に自信が薄毛になってきたら育毛剤を購入するのも恥ずかしく、日頃は利用しないようなドラッグストアに行くのではないでしょうか。
更に病院で症状を診てもらい、医薬品の治療薬を処方してもらうとなるとハードルが上がります。

そんな方におすすめなのが通販サイトの個人輸入で手に入る育毛治療薬・フィナロなのです。
フィナロは有名なAGA治療薬のインド製ジェネリックという位置づけで同じ有効成分が使われているため、服用することで同じように効果を得ることができるでしょう。
もちろん副作用もあるため取扱には注意が必要ですが、処方箋も必要なく人と顔を合わせることなく手に入れることができるのです。
病院処方の薬だと、1箱処方してもらえるだけでそれが無くなる度に病院を訪れなければなりません。

一方の個人輸入の場合、まとめ買いができるというのもメリットです。
サイトを開いて住所や名前を入力して、という作業も面倒でしょうがまとめ買いならしばらくはそういった作業をする必要がありません。
それに、2箱まとめて購入と言う場合には価格的にもお得になります。

新薬の場合、相場は大体1箱7000円程度、それがフィナロだと4000円程度となり、2箱買い・3箱買いだと1箱お値段がそれよりもどんどん安くなっていきます。
お値段もお得で、注文する手間もかからなくなる、それにある程度まとめて買うとなると送料無料となるサイトもあります。
せっかく個人輸入で手に入れるならまとめ買いをおすすめします。
ただし、必ず信頼できるサイトを見つけ出すようにしてください。偽薬をまとめ買いして毎日続けても効果はありません。