AGAに悩んでいる男性は少なくありません。薄毛は放っておいてもいいことありません。早めの治療をオススメしますが、病院での診察や治療薬にも当然費用はかかります。AGA治療について具体的に説明していきます。

髪を梳かす男性
  • ホーム
  • フィンペシア1mg、150錠の相場は5千円

フィンペシア1mg、150錠の相場は5千円

前頭部の生え際を気にする人

抜け毛の悩みを解決する方法には育毛剤を使用して毛穴を清潔にしながら毛母細胞の働きを活発にして育毛を目指す方法があります。
一方で、抜け毛は病気の一種であるとして医薬品によって身体の内側から治療を目指す方法もあります。
フィンペシアは抜け毛の病気であるAGAの治療をする効果に定評のあるジェネリック治療薬です。
インドの有名大手製薬会社が製造販売し国際的なさまざまな安全基準を満たしているので安心して服用できます。

脱毛の原因は体内のテストステロンから変換されたジヒドロテストステロンが毛母細胞の活動を弱める事で毛が生え変わる周期が崩れるのに加えて、皮脂の分泌が促され毛根が詰まってしまう現象も重なり抜け毛の原因となります。
フィンペシアはそれらの原因となるジヒドロテストステロンの生成を阻害する事により、毛が生え変わる周期を整えながら皮脂の分泌を抑制して抜け毛を防ぐ効果が期待されています。

確認されている副作用については妊娠中の女性が服用した際に男の胎児の生殖器に異常を来たすケースがあります。
また、厚生労働省のホームページには妊娠中またはその可能性のある女性は使用しないよう注意喚起のアナウンスがされていますが、これは利用者の判断で十分回避する事が可能です。
その他の副作用についても商品に添付されている取扱説明書に肝機能障害や精力減退などがあげられていますが、いずれも発生確率はごく稀で健康な方が用法用量を守って使用する分にはさほど気にする必要はありません。

そんなフィンペシアは1日1回1mgの服用が目安となっていますが、1粒1mgのフィンペシアが150錠入ったパッケージの価格の相場は5千円程度で、1錠あたりに換算して約33.3円と言う大変リーズナブルな価格となる計算になります。
フィンペシアは海外製の医薬品の個人輸入代行を取り扱っているようなインターネット通販サイトで手軽に購入できる上に比較的副作用も少なく大きな効果が期待できるAGA治療薬として人気となっています。

2箱なら8千円、3箱だと1.2万円位の相場感

医療機関で処方されている薄毛治療薬は保険適用ではありませんし、治療は長期に続けていく必要がありますので費用が負担となると感じている人も少なくありません。
それゆえ治療をあきらめてしまう人もいます。
より治療費を安くするのであればジェネリック的な医薬品の利用も考えてみましょう。

フィンペシアも有名な薬のひとつで、医療機関で処方されている薬と同じ有効成分、同等の効果が期待できながらも一粒1mgで150錠入りのものも5000円程度という低価格で購入することができます。
医療機関では処方されていない薬ですが、個人輸入で入手することができ、医療機関に通う手間なく購入できるということでも注目されています。

フィンペシアは一日一粒の服用で良いので約5ヵ月も使うことができます。
一ヶ月あたりなら1000円程度ですので無理なく続けていくことができますし、市販の育毛剤と比べても低価格です。
フィンペシアの購入は通販での個人輸入が便利です。
1箱からも注文することができますが、2箱なら8千円、3箱で購入すれば1.2万円程度が相場でまとめ買いでさらに割引が受けられることも多くなっています。
しかも高い改善が得られながらも副作用が少ない医薬品ですので長期の治療も安心です。
より安く購入するのであればある程度まとめて注文することがおすすめです。

育毛効果を実感するまでにはある程度の期間も必要ですので、治療当初に変化が感じられなくてもある程度の期間は続けていく必要があります。
そして、早く結果を出したいからと1日に何度も飲んだり、決められた量以上を飲むことは副作用のリスクを高めることにつながりますので結果は焦らず正しい服用を続けていくことも大切です。