AGAに悩んでいる男性は少なくありません。薄毛は放っておいてもいいことありません。早めの治療をオススメしますが、病院での診察や治療薬にも当然費用はかかります。AGA治療について具体的に説明していきます。

髪を梳かす男性
  • ホーム
  • ロニタブ5mg、10錠は3000円弱で購入できる

ロニタブ5mg、10錠は3000円弱で購入できる

鏡を見ている男性

ロニタブは、薄毛治療に用いられる薬です。
こちらはジェネリックであって、インタスファーマ社が販売するミノタブと同じ効果を発揮します。
成分であるミノキシジルが血管を拡張して頭皮の血流を良くし、毛髪への栄養を送りやすくすることで発毛効果を出していく仕組みです。
ロニタブは経口服用タイプの薬であるため、塗布タイプの外用薬ミノキシジルに比べて効果が高いといわれています。
医薬品なので、市販の育毛剤では効果がないという方が治療薬として選択すると、育毛効果を期待することが可能です。

ロニタブの副作用では、動悸や浮腫、体重の増加や多毛症などが報告されています。
多くの場合副作用は軽微ですが、個人差もあるため異常が生じた場合は医療機関を受診するなどの対処が必要です。
また、血管拡張作用があるため、血圧が下がる副作用もあります。健康な方が服用すると低血圧になってしまう可能性があります。
降圧剤の処方を受けている方は医師への確認をした方が安全です。

ロニタブ5ミリグラムを、日本で通常入手する場合には、AGA治療をしている病院へ行き処方してもらうことになります。
ただし、個人輸入業者を利用して購入することもできます。
この場合、価格はロニタブ5mgで10錠が3000円弱で購入することが可能です。大体この料金の内、送料が1000円ほどになります。

個人輸入なので送料が高くなりますが、医薬品を病院で処方してもらうのと比較するとかなり安くなります。
ロニタブは日本では保険適用がされない薬なので、実費負担となりますから、料金を抑えたい場合は、個人輸入で自分で手に入れた方が安いです。
もちろん、個人輸入は医師の処方に基づく服用を行うわけではないため、副作用のリスク等は自分で責任を負わなければなりません。
自分で使用する目的で少量の医薬品を個人輸入をすることは薬事法で禁止されていませんが、何かあった場合のことも考えて利用するようにしてください。

10mg、10錠でも4千円以内の価格が多い

ロニタブは薄毛治療で用いられる医薬品です。
育毛剤を使っていてもあまり効果を実感できない場合、根本的な所に作用する治療薬を使う事をお勧めします。
ちなみに、ミノキシジルも医薬品ではありますがこちらは塗布するタイプです。
育毛の方法は色々ありますが、飲んで服用するタイプは身体の内側から作用することができますので、それだけ効果を期待することが出来るでしょう。

ロニタブは、専門クリニックでも処方してもらうことが出来るミノタブのジェネリック薬品です。
ジェネリック薬品は先発医薬品よりも安いので、継続して服用することを考えるとコストパフォーマンスに優れていると言えます。
価格は10mg、10錠でも4千円以内の価格が多いです。
もちろんこのお値段はサイトによっても異なる場合がありますので、より安く購入したい場合には比較することも大事です。
しかし安すぎるところは偽物の場合もありますので要注意です。口コミ評判でも評価されているサイトを探すことが重要です。

専門クリニックで処方してもらうことも可能ですが、その際保険は適用されません。
ロニタブは保険適用されませんので10mg、10錠でも4千円以内の価格が多いです。
個人輸入の場合には自己責任での使用になりますし、医師の診察を受けずに使う事になりますので、副作用なども様子を見ながら使っていくことになります。
医薬品は、サプリメントなどと異なり、副作用が出ることがあります。
副作用は使用したすべての方に出る物ではありませんが、使用方法を守っている範囲で出る副作用に関してはそこまで心配することは無いでしょう。
薄毛で悩んでいて、育毛剤を使っても解決できない場合には、内服薬タイプもお勧めです。